S&J株式会社、NRIセキュアが国内販売パートナーにーー

従業員教育によるフィッシング対策で、既に金融、製造、保険業などFortune 500の過半数の顧客を持つ、米

フィッシュミー・インク(本社:米国ヴァージニア州リースバーグ、代表:ロイト・ベラニ(Rohyt Belani)、CEO)はこの度、日本市場への本格進出と、基幹の4製品を、国内の主要セキュリティ・ソリューション、及びサービスプロバイダである、S&J株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 三輪 信雄)、及びNRIセキュアテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、小田島 潤、呼称:NRIセキュア)の2社より販売開始することを発表しました。フィッシュミーの製品は、包括的な製品ポートフォリオを持ち、一貫したソリューションとして、標的型攻撃などの脅威や、それに伴うデータ損失などを防ぎます。

フィッシュミーはS&JとNRIセキュアによる販売拡大を図り、日本法人についての設立時期を検討します。

フィッシュミーのソリューションは、標的型攻撃やランサムウェアといった、昨今複雑化する様々なサイバー攻撃に対し、組織内の従業員教育を促すと同時に、従業員からから報告されるメールに対して、社内のITセキュリティチームが迅速に対応するための製品、プラットフォーム、サービスから構成されています。昨今、サイバー攻撃によるウイルス感染のほとんどは標的型攻撃などのメールによるもので、日本では「開かないようにする」不審メール訓練が一般的ですが、欧米では不審メールを「報告し対処する」対策が浸透してきています。

この訓練を行うべく、フィッシュミーではスピアフィッシングやドライブバイダウンロードといった様々な攻撃手法を再現し、従業員を教育するための「PhishME Simulator (フィッシュミー・シミュレーター)」、様々な脅威や脆弱性を含んだ不審メールを従業員が安易に開くことなく、自ら簡単にIT部門に報告するための「PhishMe Reorter(フィッシュミー・レポーター」、企業内のセキュリティチームが脅威を識別、ブロック、調査を可能にする「PhishMe Triage(フィッシュミー・トリアージュ)」、及びフィッシングに関する様々な脅威をデータとして提供するインテリジェンスサービス、「PhishMe Intelligence (フィッシュミー・インテリジェンス)」等をPhishMeソリューションスイートとして提供します。

S&JとNRIセキュアでは、各社の強みに沿ったコンサルティングサービス、及び他のサービスメニューと組み合わせた形で提供します。

この度の日本市場本格参入発表にあたり、フィッシュミーのCEO、ロイト・ベラニ(Rohyt Belani)は下記のように述べています。

「今回、日本を代表するセキュリティ・ソリューション・プロバイダであるS&Jを日本初のパートナーとして、日本市場に本格参入できることを大変うれしく思います。弊社は2011年に米国において設立、以来11か国において、約1300社の顧客企業を擁していますが、この度日本市場のお客様に、不審メールを「開かないようにする」訓練から、「気づき、知らせ、対処する」訓練をご提供することにより、昨今日本企業が面している様々な脅威や攻撃から自身を守り、企業資産やデータの保全、ひいては円滑な企業経営に貢献できることをうれしく思います。また、この度新たにNRIセキュア社をパートナーとして迎えることにより、日本市場において、我々のソリューションを更に進化した形でご提供できると確信しております。」

また、この度日本における最初の販売パートナーとなった、S&J株式会社の三輪 信雄社長は以下のようにフィッシュミーの利点とその製品に対する期待を述べています。

 従業員が参加することで標的型攻撃の検知・防御力を上げる』ことができる、フィッシュミー製品群により、『開かないようにする不審メール訓練』が浸透している日本のセキュリティレベルを大きく高めたいと考えています。さらに、従業員から報告された不審メールの分析、訓練メールの運用などを弊社サービスとして提供することにより、標的型攻撃に対する防御力を高めていきたいと思います。」 

 さらに、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 小田島 潤代表取締役社長は

 「当社は2011年より「標的型メール攻撃訓練」サービスを開始し、のべ700社、180万件以上の提供を通じて組織の電子メールに起因する攻撃への耐性向上を支援してまいりましたが、

PhishMe社のソリューションが加わることにより、新たな手口が日々考案され続けているマルウェア感染やフィッシングなどの脅威への対抗策を、「一歩先に進めることができる」と確信しております。」と述べています。

 フィッシュミーは今後、S&JNRIセキュアを支援すべく、製品やサービスのローカライズを進め、両社の販売、サポートを支援していきます

 ―――――――――――――――――

■フィッシュミー会社概要

(米国本社)

社名            :フィッシュミー(PhishMe, Inc.)

本社所在地      :米国ヴァージニア州リースバーグ

設立年月日      :2011年

代表者         :ロイト・ベラニ(Rohyt Belani)、CEO

事業内容        :サイバー攻撃(フィッシング)に対する防御ソリューションの開発、製造、販売。

S&J株式会社概要:

社名            :S&J株式会社

本社所在地      :東京都港区

設立年月日      :2008年11月7日

代表者         :代表取締役社長 三輪 信雄

事業内容        :セキュリティサービス、コンサルティング及び自社開発セキュリティシステムの提供。

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社概要:

社名            :NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(呼称:NRIセキュア)

本社所在地      :東京都千代田区

設立年月日      :2000年8月1日

代表者         :代表取締役社長 小田島 潤

事業内容        :セキュリティ運用・監視サービス、コンサルティング、ソリューション提供。

■本件に関する報道関係者お問い合わせ先

-フィッシュミー シニアビジネスデベロップメント 仁平 則行

TEL:080-1109-8290 / E-mail:noriyuki.nihira@phishme.com

-フィッシュミー 広報代理(共同ピーアール)

担当:小野寺、仙場、高田

TEL:03-3571-5236  FAX:03-3574-9364 / E-mail:kazunao.takada@kyodo-pr.co.jp